5/2 鳥取県内でコンテンツを活用したビジネスを行おうとする事業者等に対し、事業に要する経費を補助する「鳥取県コンテンツビジネスチャレンジ補助金」の募集が始まった。 昨年まで「鳥取県まんがコンテンツビジネスチャレンジ補助金」という名称で実施されていたもの。
 募集要領に従い、交付申請書(正本1部)を鳥取県に提出する必要がある。

鳥取県コンテンツビジネスチャレンジ補助金
○募集期間 平成26年5月2日(金)~平成26年7月31日(木)午後5時
※審査会を経て採択を決定します。

○募集要領
鳥取県コンテンツビジネスチャレンジ補助金 募集要領(PDF 293KB)
鳥取県コンテンツビジネスチャレンジ補助金 募集関係様式(Word 103KB)

1 目的
 鳥取県内の事業者等が、コンテンツ(コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律(平成16年法律第81号)第2条第1項に規定する「コンテン ツ」※)を活用したビジネスにチャレンジすることを支援し、県内コンテンツ産業の創出・育成・振興を推進します。

(※)映画、音楽、演劇、文芸、写真、漫画、アニメーション、コンピュータゲームその他の文字、図形、色彩、音声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み 合わせたもの又はこれらに係る情報を電子計算機を介して提供するためのプログラム(電子計算機に対する指令であって、一の結果を得ることができるように組 み合わせたものをいう。)であって、人間の創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽の範囲に属するものをいう。

2 募集期間 New!
平成26年5月2日(金)から平成26年7月31日(木)午後5時まで

3 補助対象者

  • 鳥取県内に事務所若しくは工場等を有する者(県内事業者)
  • 県内事業者の構成比が3分の2以上並びに事業主体が県内事業者である企業共同体

4 補助対象事業、補助対象経費
国内市場でのビジネス展開(コンテンツ開発やコンテンツを活用した新商品開発、コンテンツを活用したパッケージ開発等)
デザイン料、委託費、広告宣伝費、市場調査費、機械器具費、原材料費、技術指導費、教材費、産業財産権導入費、直接人件費、旅費交通費、雑費(消耗品費、印刷製本費、運賃、通信費、会場借料、雑役務費等)

海外市場でのビジネス展開(コンテンツを活用した既存商品のローカライズ(現地化)、現地のニーズに合わせた新しい商品開発等)
デザイン料、委託費、広告宣伝費、市場調査費、機械器具費、原材料費、技術指導費、教材費、産業財産権導入費、直接人件費、旅費交通費、通訳・翻訳費、雑費(消耗品費、印刷製本費、運賃、通信費、会場借料、雑役務費等)

5 補助率及び補助金上限額
2分の1
上限200万円

3分の2
上限500万円

6 補助事業実施期間
交付決定日から12か月以内
交付決定日から24か月以内
本補助金の交付を希望される方は、ページ上部の募集要領をご確認の上、募集期間内に事業提案書及び添付資料の正本1部を提出してください。
提出先はページ下部の問合せ先をご覧ください。
受け付けた事業提案については、審査会を経て採択の可否を決定します。審査の結果、採択されないこともありますので、ご了承ください。
事業提案書を受付後、必要に応じ事業内容のヒアリング等を行い、審査会を経て県において採択の可否を決定します。

【評価のポイント】

  • 事業内容の新規性・独創性
  • 事業内容の実現性
  • 事業内容の市場性
  • 事業内容の将来性・発展性
  • 経費の妥当性 
    事業提案書を提出し、審査会を経て提案が採択された方は、交付申請書及び添付書類を提出してください。(詳細は、提案が採択された方に別途ご案内します。)

鳥取県コンテンツビジネスチャレンジ補助金 交付要綱(平成26年3月26日改正)(PDF181KB)
鳥取県コンテンツビジネスチャレンジ補助金 様式集(Word 89KB)

交付決定先(PDF 83KB)

  商工労働部経済産業総室産業振興室産学金官連携担当(本庁舎7階)
電話 0857-26-7690
ファクシミリ 0857-26-8117
電子メール 

出典:鳥取県コンテンツビジネスチャレンジ補助金/経済産業総室/とりネット/鳥取県公式サイト

Comments are closed.

Post Navigation