島根県内のIT企業向けの平成26年度「新技術・サービスモデル開発支援助成金」が始まった。要項は下記の通り。

島根県内IT企業が、付加価値の高い新技術、サービス開発等を行う際の経費の一部を助成します。

■応募資格
島根県内に事業所を有する企業、もしくは県内に事業所を有する企業と教育機関で組織される研究開発共同事業体。

※企業等に属さず個人が行う開発若しくは個人が単独で行う開発については、助成対象としません。
■対象とする事業
付加価値の高い固有技術・サービス開発等で、次の(1)(2)のいずれかに該当する事業を対象とする。

(1)新技術の開発

(2)最終製品・サービスの開発(バージョンアップ含む)
※バージョンアップの場合、会計処理に関して次のいずれかに該当することを事前にご確認ください。
・バージョンアップ対象となる既存ソフトウェア等を無形固定資産計上しているか、研究開発費として処理されていることを示す書類が提出出来ること。
・今回の開発経費を無形固定資産計上するか研究開発費として処理したことを示す書類が後日提出出来ること。
※バージョンアップについては募集要領をご参照ください。

■助成内容等
(1)助成率 対象経費の1/2以内

(2)助成期間 交付決定日から1年以内

(3)助成限度額 500万円以下

(4)対象経費 人件費、ソフトウェア購入費、開発及び実地検証に必要な機器の購入費等
■公募期間
第1回:平成26年5月12日(月)から6月30日(月)

第2回:平成26年8月1日(金)から9月30日(火)
※郵送もしくは持参による(郵送時当日消印有効)
※7月、10月に審査会を予定しております。
※第1回、第2回で各3~4件程度の採択を予定しております。

■その他
(1)助成金の交付決定
助成金の交付は、当財団において審査会を開催し決定します。また、その際には申請者にプレゼンテーションを行っていただきます。

審査会は7月下旬、10月下旬を予定しています。
(2)収益納付
助成事業終了後5年間は、助成事業の実施結果について報告をしていただきます。またある一定の収益が生じた場合は、交付した助成金を上限として納付していただきます。
(3)交付決定となったものについては、企業名・事業名について公表する予定ですので、予めご了承の上、ご申請ください。

■書類等
新技術・サービスモデル開発助成金交付要綱.pdf(169KBytes)

新技術・サービスモデル開発支援助成金募集要領.pdf(288KBytes)

申請書.doc(96.5KBytes)※申請時に必要な様式1

様式(一式).doc(161KBytes)※関連様式全体

お問い合わせ

しまね産業振興財団 IT産業支援
布野、渡利
電話:0852-60-5114
ファクシミリ:0852-60-5105
E-Mail:it@joho-shimane.or.jp

〒690-0816 島根県松江市北陵町1番地 テクノアークしまね内
TEL:0852-60-5110 FAX:0852-60-5105

出典:平成26年度「新技術・サービスモデル開発支援助成金」のご案内 | しまね産業振興財団.

Comments are closed.

Post Navigation