6月27日、島根県は2013年に県内を訪れた観光客による経済波及効果が前年比366億円増の1899億円に達したと発表した。2008年の調査開始以来、最高額である。
 出雲大社の「平成の大遷宮」や、中国横断自動車道尾道松江線の延伸などに伴う観光客の増加により、観光消費額が前年比298億円増の1564億円となったことが押し上げ要因としている。

Comments are closed.

Post Navigation