中小企業の多い山陰。4/9にサポートが切れるパソコン用OS(基本ソフト)Windows XPからの移行は動きが鈍かったが、3月後半、Windows8への移行の動きが加速しているようだ。

 ある建設会社の取締役は言う。
「今使っている会計ソフトは消費税5%にしか対応していない。消費税8%に対応した新しい会計ソフトは新しいWindowsにしか対応していない。新しいWindowsを使うには、パソコンを買い換える必要がある。これはもう全部買い換えるしかない。決して安くはない買い物だが、しかたがない。買うなら最新のWindowsの入ったパソコンが長く使えていい」

OSのサポート切れ直前に始まる消費増税のおかげで、少なくとも経理に関連したパソコンの多くは3月末までに最新のWindows8、もしくはひとつ前のWindows7 への移行が完了しそうだ。

Comments are closed.

Post Navigation