平成26年2月の鳥取市の消費者物価指数は、総合で100.8(平成22年を100とした数値)となり、前月比は0.2%の上昇、前年同月比は1.3%の上昇となった。
 前月比の変動に寄与した要因は、家具・家事用品などの上昇。
 前年同月比の変動に寄与した要因は、食料、光熱・水道、交通・通信、諸雑費、教養娯楽などの上昇である。

 さらに詳しくは鳥取市消費者物価指数:平成26年2月/統計課/とりネット/鳥取県公式サイト参照のこと。

Comments are closed.

Post Navigation