国土交通省は3月28日、2050年には人口減少によって日本の国土の約6割が無人になるとの試算を発表した。
国交省は今夏をめどに人口減少に備えた国土整備の基本方針をまとめる。

日本の面積は約38万平方キロメートル。国土交通省はそれを1平方キロメートルごとに約38万ブロックに分け、それぞれの人口推移を計算した。
現在は約18万平方キロメートルが有人であるが、50年にはその2割で人がいなくなり、6割で人口が半減。無人地域は全体の約53%から62%に広がる計算だという。

人口が日本一少ない都道府県である鳥取県、二番目に少ない島根県でも、人口はさらに減っていく。
国土交通省が制作した図をもとに、2050年の無人地域を示したのが下図である。

無人化


http://www.mlit.go.jp/common/001033674.pdfより作成

Comments are closed.

Post Navigation