島根県安来市の安来干拓地にある調整池にSOLARWAVE安来株式会社がメガソーラー発電所を建設する。
 水面を利用するフロートタイプの太陽光発電施設は使用面積13,000㎡で、発電規模は1,000kW。平成26年6月に工事着手し、平成26年9月に完成、平成26年10月より売電開始の予定である。

 フロートタイプのソーラー発電は、太陽電池モジュールをフロートと一体化したものを水面に浮かべるもので、従来利用されていなかった水面を利用できることと、設置自由度の高さが特長。また、水面上に設置し、水によって冷されることで、温度上昇に伴う変換効率の劣化を防止し発電効率が向上する、周囲の景観になじみやすいなどのメリットがあるという。

 島根県とメガソーラー発電事業者との協定書調印式は4/8に下記の通り開催される。

1 調印式
(1)日時  平成26年4月8日(火)10時00分から10時30分まで(予定)

(2)場所  安来中央交流センター 3階講義室

(3)主な出席者
  安来市長          近藤 宏樹(こんどうひろき)
  SOLARWAVE(ソーラーウェイブ) 安来株式会社 
         代表取締役  梶原 善一(かじわらぜんいち) 
  安来市土地改良区理事長   石倉 刻夷(いしくらときひろ)

Comments are closed.

Post Navigation