4月9日夕にマイクロソフトの基本ソフト「Windows XP」のサポートが終了する。以降、ウイルス対策などの更新が途絶え、Windows XPは危険な状態になる。
 Windows XPはパソコンだけではなく、レジなどにも使われている。

 レジなどで特別な対策が実施してあるなどの特段の断り書きなどのないWindows XP を万が一見かけたら「危ない」と思ったがいい。経営者がセキュリティを軽視している可能性がある。コンピュータが危ういのではなく、経営者の考えが危ういのだ。セキュリティが万全でない機器を使い続けることは、企業情報や個人情報漏えいしたら、企業存続に関わりかねないからだ。

 あなたの会社にWindows XPを搭載したパソコンがまだ残っているのだとしたら、それは資産ではなくリスクだと思ったほうがいい。

Comments are closed.

Post Navigation