4月1日、株式会社NTTファシリティーズ(東京都港区)は、真砂土採取販売などをてがける宍南商事有限会社(島根県松江市宍道町佐々布)と個人地権者が保有する土地を賃借し「F松江太陽光発電所」を建設を開始した。

 2014年9月下旬に発電開始の予定で、設置容量は1,729kW、想定年間発電量は約1,831MWh(一般家庭消費電力 約510世帯分)。

 F松江太陽光発電所は、 NTTファシリティーズ独自の発電診断システムが導入される。故障や不具合等、発電量を診断し、診断レポートによる発電性能の見える化を実現。また遠隔自動診断により維持管理稼働が削減できることが技術的特長だという。

Comments are closed.

Post Navigation