島根県がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用した観光情報発信の担い手を育成するための情報発信セミナーを開催する。日時・場所は下記の通り。

 なお、問い合わせ・申込先となっている株式会社エブリプランは島根県松江市に本社のある地域活動の支援などを手がける企業である。

1.日時・場所

<松江・出雲地域>
  1日目 平成26年 6月19日(木) 14:00~16:00
  2日目 平成26年 7月10日(木) 14:00~16:00   
      チェリヴァホール3階中会議室  
      (雲南市木次町里方55番地)

<石見地域>
  1日目 平成26年 6月17日(火) 10:00~12:00  
      浜田合同庁舎5階中会議室
  2日目 平成26年 7月 8日(火) 10:00~12:00  
      浜田合同庁舎5階501会議室

<隠岐地域>
      平成26年 7月 4日(金) 13:00~17:00   
      隠岐支庁6階会議室
      (2日分をまとめて開催)
   
2.プログラム 1日目「SNSとは?SNSを使ってできること」
        2日目「実践!写真や動画を撮ってSNSに投稿しよう」
        
3.募集人数 10名程度

4.募集要件 
   以下の3つの要件に当てはまる方

    1.観光に携わる業務に従事している方(または業務として参加可能な方)
    2.スマートフォン、パソコンをお持ちの方
    3.ソーシャルメディア(Facebook、Twitterなど)のアカウントをお持ちの方
       
        ※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

4.問い合わせ・申込先
       株式会社エブリプラン  TEL:0852-55-2100 FAX:0852-55-2101

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/tourist/kankou/gaiyo/snsbosyu.html

 島根県の、平成26年度民間施設再生可能エネルギー等導入費補助金の募集が始まった。募集要項は下記の通りである。

1.事業の目的
防災拠点及び防災拠点になり得る民間施設において、再生可能エネルギー等の導入を支援し、もって災害に強い自立・分散型エネルギーシステムの導入等の事業を実施することを目的とする。

2.対象とする民間施設
地域住民をはじめとした不特定多数の人が利用するなど地域の防災拠点になりえる施設であって、市町村の防災計画に基づく避難に関する施設等として指定されているもの又は市町村との間で防災に関する協定を締結している施設を対象とする。
(具体的な施設の例)
 ①医療施設、②公共交通機関の施設、③私立学校、④宿泊施設、
⑤コンビニエンスストア等、⑥福祉避難所 等

3.補助対象者
島根県内において、防災拠点施設を所有又は管理している者

4.補助対象設備
①再生可能エネルギー発電設備(太陽光発電設備、風力発電設備、小水力発電設備、バイオマス発電設備)
②蓄電池設備
③屋内高所照明 等
なお、発電した電気は自家消費とし、固定価格買取制度による売電はできません。

5.補助率及び補助上限額
補助対象経費の3分の1以内( 1,000万円を上限)

6.申請受付期間
平成26年6月3日から平成26年8月22日まで
7.その他
  当課ホームページ(http://www.pref.shimane.lg.jp/chiikiseisaku/)の新着情報に掲示しています。
1.事業の目的
防災拠点及び防災拠点になり得る民間施設において、再生可能エネルギー等の導入を支援し、もって災害に強い自立・分散型エネルギーシステムの導入等の事業を実施することを目的とする。

2.対象とする民間施設
地域住民をはじめとした不特定多数の人が利用するなど地域の防災拠点になりえる施設であって、市町村の防災計画に基づく避難に関する施設等として指定されているもの又は市町村との間で防災に関する協定を締結している施設を対象とする。
(具体的な施設の例)
 ①医療施設、②公共交通機関の施設、③私立学校、④宿泊施設、
⑤コンビニエンスストア等、⑥福祉避難所 等

3.補助対象者
島根県内において、防災拠点施設を所有又は管理している者

4.補助対象設備
①再生可能エネルギー発電設備(太陽光発電設備、風力発電設備、小水力発電設備、バイオマス発電設備)
②蓄電池設備
③屋内高所照明 等
なお、発電した電気は自家消費とし、固定価格買取制度による売電はできません。

5.補助率及び補助上限額
補助対象経費の3分の1以内( 1,000万円を上限)

6.申請受付期間
平成26年6月3日から平成26年8月22日まで
7.その他
  当課ホームページ(http://www.pref.shimane.lg.jp/chiikiseisaku/)の新着情報に掲示しています。

出典:島根県報道資料

 特許庁、各経済産業局特許室主催で毎年全国で開催されている初心者向けの知的財産制度説明会が島根県では下記の日程で開催される。
 特許・商標等の知的財産権制度の基礎的な内容について学びたい方、興味のある方など、誰でも無料で参加できる。

 ※事前申込みが必要

平成26年度 知的財産権制度説明会(初心者向け)
「知的財産権制度説明会2014」

日時:平成26年6月26日(木)
場所:サンラポーむらくも 2F 彩雲 (松江市殿町369番地)
主催:特許庁、中国経済産業局
後援:島根県
実施:知的財産権制度説明会運営事務局(一般社団法人発明推進協会)
参加費:無料
定員:50名

開催チラシ
http://www.shimane-hatsumei.com/upload/user/00002268-6UuO3d.pdf

web申込み等詳しい詳細は、下記Webページをご覧ください。 
http://www.jiii.or.jp/h26_shoshinsha/

 島根県は、島根県産木材の需要拡大を目的として、「木造公共施設等整備」の公募(追加募集)を行う。締め切りは6/20 。概要は下記の通りである。

1 公募対象事業

 県内における地域材を使用した公共建築物の木造化・木質化

 ※ 地域材は、県産木材「しまねの木認証材」、かつ、「間伐材」又は「合法木材」
  とし、延床面積当たり0.15m3/m2以上使用すること
 ※公共建築物とは、地方公共団体等が整備する建築物及び「公共建築物等の木材の
  利用の促進に関する法律施行令」第1条に掲げる建築物をいう

 ◎公共建築物等の木材の利用の促進に関する法律施行令第1条に掲げる建築物
   1 学校
   2 老人ホーム、保育所、福祉ホームその他これらに類する社会福祉施設
   3 病院又は診療所
   4 体育館、水泳場その他これらに類する運動施設
   5 図書館、青年の家その他これらに類する社会教育施設
   6 車両の停車場又は船舶若しくは航空機の発着場を構成する建築物で旅客の乗降又は待合いの用に供するもの
   7 高速道路(高速道路株式会社法 (平成十六年法律第九十九号)第二条第二項に規定する高速道路をいう。)の通行者又は利用者の利便に供するための休憩所

2 支援内容  
  
 補助金名:島根県森林整備加速化・林業再生事業費補助金
 補 助 率:補助対象経費の1/2以内を予算の範囲内で補助します

3 募集期間

 平成26年5月19日(月)~6月20日(金)(必着)

4 公募要領等

 公募要領等詳細については林業課HPに掲載しています
  http://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/ringyo/mokuzai/mokuzou_koubo.html

添付ファイル 木造公共施設等整備公募PR版(125KByte)

島根県報道発表資料.

産業競争力強化法に基づき、国からの認定を受けた創業支援事業計画に従って、市町村と連携して民間事業者等が行う創業支援の取組を支援する「創業支援事業者補助金」について、下記のとおり募集されている。

●申請対象者
産業競争力強化法に基づく認定を受けた創業支援事業者(平成26年6月認定予定を含む)

●公募締切
平成26年6月16日(月曜日)17時必着

●申請書提出先・問い合わせ先
独立行政法人中小企業基盤整備機構 経営支援部創業・ベンチャー支援課

●電話番号:03-5470-1574

募集要領等詳細は「独立行政法人中小企業基盤整備機構ウェブサイト」を参照。

しまね産業振興財団では平成26年度より県内のものづくり企業が取引拡大または新たな取引開始を目指す連携した取り組みを支援するため、グループので経営計画を承認した上で各種支援施策の優遇を行っている。

要項は下記の通りだ。

事業の目的

ものづくり企業における国内市場の縮小やグローバルな競争の影響による大手企業の生産拠点の海外移転や海外調達の加速が進行する中、県内企業の競争力強化を促進し、地域経済への波及効果を図る。

応募資格

島根県内の中小製造業企業3社以上により構成されるグループであり、下の(1)(2)の全てに該当するものとする。

(1)資本の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員が300人以下の会社3社以上を含むグループ

(2)取引拡大または新たな取引開始を目指し、地域経済への波及効果の高い取り組みを行うグループ

事業の流れ

(1)経営計画申請・承認<※各種支援施策の優遇措置付与の為に必須>

・取引先からの継続的な受注を目指し、地域経済への波及効果の高い事業を踏まえた3ヵ年以上の経営計画を作成していただき、承認します。

・平成26年4月公募開始、6月16日申請締切、6月25日審査予定。また審査会でプレゼンテーションをしていただきます。

(2)各種支援施策の申請・利用

・経営、技術、販路の各種支援施策により支援(助成上限額の増額や制度利用回数の増加による優遇措置)

・各種支援施策の利用については、別途申請・審査会が必要になります。

支援施策と優遇措置

項目 支援施策 事業概要 制度内容(通常) 制度優遇

(計画承認企業グループ)

共通 1.ものづくりアドバイザー派遣事業

(専門家派遣事業)

経営・技術・販路等に関する専門家を派遣し、各社の課題解決を支援 ・1社あたり6回まで派遣(各分野3回まで)

※空洞化対策分は9回/社まで

・左記、各社枠とは別に、企業グループは6回派遣
技術 2.取引拡大型試作開発助成金 取引先等からの具体的オファーのある市場投入を直前にした新製品・新技術開発を助成 ・助成率 1/2

・助成上限 100万円

・助成率 1/2

・助成上限 200万円

技術 3.革新型研究開発助成金 企業の基礎的研究開発を含めた中長期的な新製品・新技術開発を助成 ・助成率 1/2

・助成上限 500万円

※大学等との共同研究は300万円上乗せ

・助成率 1/2

・助成上限 1000万円

※大学等との共同研究は500万円上乗せ

販路 4.戦略的ビジネスパートナー獲得支援事業 県内企業が県内外企業等へ派遣研修を実施、または県内外企業から技術指導の受入を実施することに対して経費を助成 ・助成率 1/2

・助成上限 200万円

販路 5.国際規格等取得促進事業 県内企業がISO等の国際規格の認証取得を目指す取組に係る経費を助成 ・助成率 1/2

・助成上限 100万円

・助成率 1/2

・助成上限 200万円

※セクター規格に限る

販路 6.戦略的取引先確保推進事業

(専門展示会出展助成)

県内製品・技術の販路拡大のため首都圏等で開催される専門展示会への出展に係る経費を助成 ・助成率 1/2

・助成上限 30万円

・助成率 1/2

・助成上限 90万円

経営計画承認要綱(65.0KBytes)

企業連携経営計画様式(206KBytes)

お問い合わせ

経営支援課
梅木・三井
電話:0852-60-5115
ファクシミリ:0852-60-5105

ものづくり企業連携支援事業公募のご案内 | しまね産業振興財団.

5/2 鳥取県内でコンテンツを活用したビジネスを行おうとする事業者等に対し、事業に要する経費を補助する「鳥取県コンテンツビジネスチャレンジ補助金」の募集が始まった。 昨年まで「鳥取県まんがコンテンツビジネスチャレンジ補助金」という名称で実施されていたもの。
 募集要領に従い、交付申請書(正本1部)を鳥取県に提出する必要がある。
Read More →

鳥取県が2014年4月23日から2015年3月6日までに実施する、航空便活用国内交流創出支援事業の対象事業募集している。

 助成対象は鳥取県内に活動拠点を置く民間のグループ、団体の、旅費交通費、滞在費、交流経費、広報費など。このなかに航空券代なども含まれる。補助率は2分の1で、上限は20万円とされている。

 鳥取県内の米子空港、鳥取空港に就航する国内航空路線を利用し、地域間交流事業(派遣事業及び受入事業)のうち所定の条件をみたすものが該当となる。

 鳥取県の「航空便活用国内交流創出支援事業費補助金交付要綱」を確認し、事業開始の20日前までに交付申請を行う必要がある。

 詳しくは下記および、鳥取県ホームページを参照。
Read More →

 中海・宍道湖圏域の産業振興を図るため、圏域内企業・団体の海外における外国人観光客誘致及び自社製品、技術等の海外への販路開拓に向けた自主的な取り組みを支援することを目的として、以下のとおり海外展開支援事業を実施されます。

※平成26年度から、この補助金にかかる交付要領、募集要項を改正されています。
改正後の補助金制度概要、補助金交付に関する申請手続きなど、事業の詳細につきましては、下段のリンクファイルをご覧ください。
Read More →

 島根県庁しまねブランド推進課は県内の工芸品製造者を対象にパンフレットなど紙媒体での販促物の作成における基礎知識を習得するための「販促物のディレクション・デザインセミナー」を下記のとおり開催する。受講料は無料。


1 事業内容
工芸品製造事業者が習得しておくべき知識等について、テーマ毎にビジネスの世界で活躍する専門家から事例を交えた講義を受け、演習を行い知識とスキルと定着する。
2 事業対象者
島根県内で工芸品を製造する事業者
3 開催時期
5月13日(火)13:30~16:00 島根県職員会館 健康教育室
効果的に制作物を作成する基礎知識
6月24日(火)13:30~16:00 出雲合同庁舎 603会議室
ライティングの基礎知識
7月15日(火)13:30~16:00 出雲合同庁舎 603会議室
販促物のディレクション方法
8月26日(火)13:30~16:00 出雲合同庁舎 603会議室
成果物の発表
4 受講条件
他の参加者との調和を図り、スキル習得に意欲のある方
基本的に全回参加いただける方を優先します。
受講料は無料です。

出典:島根県報道発表資料

趣旨説明 県内で工芸品を製造する方を対象にパンフレット等の紙媒体を作成するための基礎知識とスキルを習得する。 座学だけでなく演習を行うため知識の定着に役立つ。
開催場所 初回 島根県職員会館 健康教育室
第2~4回 出雲合同庁舎 603会議室
募集期間(期限) 2014年 4月 11日 ~ 2014年 5月 9日
募集人数 20名程度
費用 受講料無料
問い合わせ先
所属 しまねブランド推進課物産企画グループ
電話 0852-22-5128
FAX 0852-22-6859
電子メール brand@pref.shimane.lg.jp

出典:イベントカレンダー(販促物のディレクション・デザインセミナー)

 4月10日、松江市が借上市営住宅の申請書配布を開始した。
 申請書受付期間は平成26年7月1日から平成26年7月31日まで、松江市役所建築課(別館3階)で申請を受け付ける。
 借上市営住宅とは中心市街地の活性化をめざして、中心市街地の民間事業者が建設する賃貸共同住宅を借上げ、市営住宅として供給するもの。借上期間は最長20年間でその後は事業主に返却される。

 借上市営住宅に採用されると、住宅供用部分・共同施設等、除却費について、対象整備費の合計の2/3を上限に 建設整備費の補助が受けられるメリットがある。借上期間を通して空家等に関係なく借上料が支払われ、入居者の募集や入居・退去の事務、家賃徴収等は市が行う。

詳しくは下記ページ参照
http://www1.city.matsue.shimane.jp/matidukuri/juutaku/juutaku/shiei-jyuutaku/kariage/youkounado.html

 4月4日、島根県・水土里ネット島根(島根県土地改良事業団体連合会)が主催する「第18回しまねの農村景観フォトコンテスト」の作品を募集が始まった。
 応募締切は平成27年1月31日。今回のテーマは「農山村からのメッセージ」。風景、人物、施設、イベントの4つの部門がある。
 最優秀賞/1点(賞状・賞金10万円)、各部門賞/4点(賞状・賞金 3万円)などとなっている。
 詳しくは募集ホームページ(http://www.pref.shimane.lg.jp/environment/nature/keikan/photo/boshuu.html)を参照のこと。

毎週金曜日14時10分頃BSSラジオ(島根県・鳥取県をネット)で放送されている番組「食のみやこ鳥取 探検隊が行く」の出演候補者が募集されています。
鳥取県内の農林水産物の生産者の方や、それらを原料にした加工食品の生産者の方、ラジオを使って自慢の味をPRしてみては?
パブリシティとしては絶大な効果があると思いますよ。

募集要項

 

 平成26年度BSSラジオ番組「食のみやこ鳥取探検隊が行く!」出演者募集要領

1目的

本県産農林水産物やそれらを原料にした加工食品等の生産者等が、ラジオ番組内でのパーソナ

リティとの対話による商品のおいしさやこだわりを発信することで、県産品の消費者への愛着の

醸成と利用促進を図る。

2番組の概要

1)番組

○『食のみやこ鳥取探検隊が行く!』(山陰放送(BSSラジオ)「スマイル金曜日」内コーナー)

2)放送日時

○期日毎週金曜日(平成26年4月4日(金)~平成27年3月27日(金)の間)

○時間14時10分頃~約5分間の生放送

3)出演方法

○スタジオ入り又は電話インタビュー出演

4)番組展開イメージ前クレ

本編

[パーソナリティが商品紹介・試食]

今日紹介する商品は○○○です。まずは試食を!

・味やパッケージの特徴などをパーソナリティが感想アピール

[生産者とスタジオ(又は電話)でトーク]

・商品PRやセールスポイント、商品エピソード、販売場所等

◇リスナーへの商品プレゼント(3名程度)紹介

後クレ

 

 3募集条件

1)対象者

○県内生産者、県産原材料を使った加工品製造事業者、飲食事業者等で次の条件を満たす方

・紹介商品は原則としてスタジオで試食可能なもの

ボイル、電子レンジ調理程度なら(株)山陰放送で対応可能

事前調理したものを放送当日に直接スタジオに持参していただくことも可能

・試食用サンプル、リスナープレゼント(3名程度)の商品と送料を負担可能なこと

・放送前日の電話打合せ、当日のスタジオ又は電話インタビュー出演に確実に対応可能なこと

2)注意事項

○この募集は、あくまで出演希望のとりまとめであり、出演を決定するものではありません。

○実際の出演者、出演日等の調整は、平成26年2月鳥取県議会の予算成立後、農産物の旬や

商品の話題性等を考慮して県が行い、該当者に直接連絡します。応募者多数の場合等で出演

希望に添えない場合もあります。

○これまで同番組で紹介した商品は対象としません。

4応募方法

○別紙応募用紙に必要事項を記入し、ファクシミリ、電子メール等で返送してください。

○応募は随時受け付けております。【申込先】〒680-8570鳥取市東町一丁目220

鳥取県商工労働部兼農林水産部市場開拓局食のみやこ推進課(担当榧野(かやの))

電話0857-26-7835ファクシミリ0857-21-0609電子メールsyokunomiyako@pref.tottori.jp

詳しくは下記をご覧ください:「BSSラジオ「食のみやこ鳥取 探検隊が行く」 /食のみやこ鳥取県/とりネット/鳥取県公式サイト