4月15日、島根県大田市にある島根県立農林大学校内の農業研修館で平成26年度「島根県農業担い手育成研修」開講式が開催される。

島根県農業担い手育成研修は、農業の担い手育成確保のために農林大学校が実施するもので、平成16年度から開催されている。有機農業・野菜・花き・果樹・肉用牛の専攻科目があり、来年3月までの1年間、教室での座学のほか、農業技術を身につけるため、農林大学校のほ場・施設を利用して実習を行う。本年度の研修生は、野菜専攻1名、花き専攻1名の計2名。

 4月10日より島根県立大学浜田キャンパスにおいて支援講座『中小企業実務』が開講される。

 この講座は、県内外で活躍する現役の中小企業、ベンチャー企業経営者が週替りで講師となり、生きた事例をもとに優れた中小企業・ベンチャー企業の経営を学ぶもの。

「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者である坂本光司氏(法政大学大学院政策創造研究科教授)を講師に、中小企業やベンチャービジネスに関する講義も行われる。

 社会人にも広く開放され、受講料は無料。
 申し込みはNPO法人しまね未来創造事務局まで。

 ●NPO法人しまね未来創造 事務局(株式会社シーズ総合政策研究所内)
 ●TEL:080-2947-8959 FAX:0852-55-8497
 ●URL: http://shimane-mirai.jp