株式会社ゼンキンメタルは約2億を投資し雲南市内の工場の増設を決定した。操業後3年間で7名の雇用増を計画しているという。

島根県は、島根県企業立地促進条例に基づき、同社に対して立地計画認定書を交付。また、5月16日、県庁にて株式会社ゼンキンメタル、島根県、雲南市の三者で工場等の立地に関する覚書を締結する。

 株式会社ゼンキンメタルは、平成7年6月に雲南市木次町に設立され、各種機械部品の製造加工と医療用機器等の組み立てを開始。今回、医療用透視撮影台の組み立て作業を行う工場を新築し業務の効率化を図るととともに、新たな板金加工機械を導入し、生産性向上と売上増大を目指して事業を行う。

 島根県はこの計画が新たな雇用創出と地域経済の発展に繋がるものとの期待から、地元雲南市とともに同社に対し資金面・人材確保の面で支援・協力を行う。


添付資料:島根県報道発表資料より
調印式および出席者(79KByte)
立地計画概要(53KByte)

 ドクターリセラ株式会社が江津市内(パナソニック江津工場跡地)に事業所を移転増設する。
 この投資計画に関して、島根県は島根県企業立地促進条例に基づき、同社に対して立地計画認定書を交付し、ドクターリセラ株式会社、島根県、江津市の三者で事業所等の立地に関する覚書を締結する。覚書の調印式は平成3月26日島根県庁にて行われ、式の終了後、その場で記者会見が行われる予定だ。

 江津市はドクターリセラ代表取締役の出身地。平成21年度に江津市駅前にコールセンターを開設。平成23年度には規模拡大のため同市内のショッピングセンターに移転。さらに、この度江津市内のパナソニック工場跡地へ移転したという経緯。

 今回の投資額は約3億3千万円、操業後3年間で48名の雇用増が計画されている。